ドライバーが当たらない初心者に簡単な基本の打ち方を解説!

当サイトのリンクには広告が含まれています。
ドライバー 当たらない 初心者
悩めるゴルファー

ドライバーが全然当たらない!

そのせいでスコアが伸びず、ゴルフが楽しめない…

もしかして自分に才能がないのかも?

こんな悩みを解決できる記事になっています!

多くの初心者ゴルファーが、ドライバーを打つのに苦戦した経験があるのではないでしょうか?

特に練習場では上手く打てていたのに、実際のコースに出ると全く当たらない…そんな経験をした方も多いはずです。

でも安心してください。

この記事を読み終えることで、ドライバーを確実に当てるコツを理解し、初心者でも自信を持ってドライバーが打てるようになります!

今回は

ドライバーが当たらない初心者向けに簡単な基本の打ち方

を解説するので、ぜひ参考にしてください。

それではドライバーが当たらない初心者に簡単な基本の打ち方を解説!をお届けします。

リク

最後まで読んでくれたら嬉しいワン♪

目次

ドライバーが当たらない初心者に簡単な基本の打ち方を解説!

ドライバーの簡単な基本的な打ち方については、次の2つから解説できます♪

  • ドライバーを打つ時の準備
  • ドライバーの簡単な打ち方

 打つときを気にしがちですが、打つ前の準備もすごく大事なので、しっかり読んでくださいね。

リク

それぞれ解説していくワン!

ドライバーを打つ前の準備

ドライバーを打つ前の準備は、初心者とか関係なく非常に重要なことです!

適切な準備をすることで、ドライバーがより当たりやすくなります♪

では、ドライバーを打つ前の準備として、次の3つのポイントを押さえましょう。

  • ボールの位置とティーの高さ
  • クラブの握り方や握る強さ
  • スタンスの幅
100切りくん

それぞれ解説していきますね!

ボールの位置とティーの高さ

ドライバーを打つ際、ボールの位置は左足かかとの内側に置くのがおすすめです。

この位置にボールを置くと、ドライバーの理想と言われるアッパーブローで捉えやすくなるんです!

ボールの位置が左足寄りだと、インパクト時にクラブヘッドが上がっていきます。

100切りくん

この軌道でスイングすると、ボールに上向きの力が加わり、高く遠くへ飛ばせるんです。

ティーの高さに関しては、クラブヘッドよりボールが半分くらいはみ出る高さが基本です!

ティーが高すぎると空振りの原因になってしまいますが、一方で逆に低すぎると、地面に当たってしまう可能性があるんです。

リク

ティーの高さは、自分のスイングに合わせて微調整してみるワン♪

クラブの握り方や握る強さ

クラブの握り方は一般的に左手(右利きの場合)でクラブを握って、右手をその上から添えます!

そして左手の人差し指と中指の第二関節に、グリップエンドが当たるように握ります。

右手は左手の親指を包み込むように添えるのがポイントです。

リク

この握り方をオーバーラッピンググリップって言うワン!

また握る強さについては、緩めだけどしっかりと握るのがおすすめです♪

リク

緩めだけどしっかり…?

どういうことだワン?

100切りくん

1から10までの力加減で言えば、4〜5くらいの強さだよ!

ほとんどの初心者は、力みすぎてクラブを強く握りがちですが、強く握るのは逆効果なんです。

強く握りすぎると、手首の動きが制限され、スムーズなスイングができなくなります。

なので、良いショットにも繋がりにくいんですよね!

でも4~5くらいの力加減なら、スイング中にクラブが滑り落ちずに手首の柔軟性も保てるので、良いショットも打ちやすくなります♪

練習のときはまず軽く握ってスイングし、徐々に力を加えていく方法がおすすめです。

自分に合った握り方と力加減を見つけることが、上達への近道になるので、ぜひ見つけてみてくださいね♪

スタンスの幅

ドライバーのスタンス幅は、肩幅よりも少し広めに取るのがポイントです!

具体的には、肩幅の1.5倍くらいが目安になります。

スタンスを広くとることで、安定感が増しますよ。

また、広いスタンスは体重移動をしやすくする効果もあるんです。

リク

だけど、スタンスが広すぎると逆に体重移動がしづらくなっちゃうから注意するワン!

100切りくん

自分の体格に合わせて、少しずつ調整していくことがおすすめです♪

ドライバーの簡単な打ち方は?

ドライバーの簡単な打ち方は、実はいくつかのポイントを押さえるだけなんです!

初心者の方でも、ご紹介するポイントを意識すれば上手く打てるようになりますよ。

では、ドライバーを簡単に打つためのポイントを4つご紹介します。

  • 右の膝と腰を固定して、真横にテークバックする
  • テークバックした軌道のとおりに振り下ろす
  • アッパー気味か払い打つように打つ
  • スイングは8割でOK

それぞれ詳しく解説していきます!

右の膝と腰を固定して、真横にテークバックする

テークバックの際は、右の膝と腰を固定することが大切です。

ひざと腰を固定するので、安定したスイングの軸を作ることができるんです!

固定することで、ブレのないスイングができてボールに当たりやすくなるでしょう。

そして、クラブを真横に上げていくイメージを持ちましょう。

真横にテークバックすることで、ダウンスイング時の軌道も安定しますよ。

100切りくん

左肩が右足のつま先あたりまで回転するのが、目安になりますね♪

テークバックした軌道のとおりに振り下ろす

ダウンスイングは、テークバックした軌道をそのまま戻すイメージです!

つまり、上げた時と同じ軌道で振り下ろすということなんです。

このように振ることで、安定した軌道ですインができるので、インパクトも安定していきます。

ただし、ダウンスイング時はテークバックよりもスピードが速くなるので、軌道を意識しつつもリズムよく振ることが大切ですよ♪

リク

「上げて下ろす」というシンプルな動作を心がけるワン!

アッパー気味か払い打つように打つ

ドライバーは、アッパー気味か払い打つように打つのがコツです!

なぜならボールの打ち出し角度を上向きにしやすいからです。

アッパー気味に打つことで、ボールの打ち出し角度が上がります。

そうすることで、ボールがより遠くまで飛んでいくんですよ。

払い打つイメージを持つと、自然とアッパー気味になりやすいです。

リク

地面すれすれを狙うのではなく、少し上を狙うイメージで打ってみてワン♪

スイングは8割でOK

ドライバーを打つ際、力みすぎないことが重要です!

スイングの力加減は、全力の8割程度で十分なんです。

力を入れすぎると力みに繋がるので、かえってミスショットの原因になってしまいます。

8割程度の力で打つことで、スイングがスムーズになりますよ。

また、コントロールもしやすくなるので、曲がりにくくなるんです。

100切りくん

力まずにリラックスすることを、意識してスイングしてみてくださいね!

まとめ

ドライバーが当たらない初心者の方に、簡単な基本の打ち方を解説しました。

まず、ドライバーを打つ前の準備として、以下の3つのポイントを押さえることが大切です。

  • ボールの位置とティーの高さ
  • クラブの握り方や握る強さ
  • スタンスの幅

これらの準備をしっかりと整えることで、安定したショットを打つための土台を作ることができます!

次に、ドライバーの簡単な打ち方についてお伝えしました。

右の膝と腰を固定して真横にテークバックすることで、安定したスイングの基礎を作ります。

そして、テークバックした軌道のとおりに振り下ろすことで、安定したスイングができるようになるでしょう。

アッパー気味か払い打つように打つことで、ボールをしっかりと捉えやすくなります。

さらに、スイングは8割の力で打つことをおすすめしました。

これにより、コントロールを失わずに安定したショットを打つことができますよ♪

以上のポイントを意識して練習することで、あなたのドライバーショットは確実に改善されるはずです!

まずは1つずつ、ゆっくりと身につけていってください。

そして、コースに出る前に練習場でしっかりと基本を身につけることをおすすめします。

あなたの努力が実を結び、素晴らしいドライバーショットが打てるようになることを願っています!

以上、ドライバーが当たらない初心者に簡単な基本の打ち方を解説!でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次